福岡県の片付けはリサイクルのアシスト

片付けのアシストアシストのブログ

福岡県全域 受付8時~20時 年中無休!
0120-444-530
福岡・北九州の便利屋はアシスト

遺品整理はいつから始める?重要なタイミングと注意すべきポイント

2024年6月15日公開 2024.05.27更新 [ブログ]

大切な人を亡くし、深い悲しみに暮れる中で、遺品整理という現実的な課題に直面する遺族や相続人は少なくありません。
故人との思い出が詰まった品々を整理するのは心情的につらいだけでなく、いつ、どのように着手すればよいのか戸惑うものです。
遺品整理の適切なタイミングと手順を知ることで、円滑に進められるようサポートします。

□遺品整理はいつから行うべき?タイミングの見極め方

遺品整理に法的な期限はありませんが、一般的には以下のタイミングが考慮されます。

1:四十九日後

仏教では死後四十九日で魂が成仏すると考えられ、区切りの時期とされます。
親族が集まる機会でもあり、遺品整理や形見分けを話し合うきっかけになります。

2:諸手続き完了後

死亡に伴う様々な手続きが一段落ついてから、遺品整理に着手するケースが多いようです。
喪失感が和らいだ頃合いを見計らって進めると良いでしょう。

3:葬儀直後

故人が賃貸住宅に住んでいた場合、契約上すぐに遺品整理が必要になります。
遠方の遺族も葬儀で集まるため、このタイミングで行うことも。

4:相続税申告前

相続税の申告期限は死亡から10ヶ月以内。
遺産の金額を把握するため、期限に余裕を持って遺品整理に取り組むことをおすすめします。

遺品整理の最適なタイミングは、遺族の心の準備や相続状況によって異なります。
焦らず、適切な時期を見定めることが肝要です。

□遺品整理を始める前に注意すべき5つのポイント

スムーズな遺品整理のためには、事前の確認が欠かせません。
トラブルを避けるためにも、以下の5点に留意しましょう。

1:相続放棄の意思がある場合は手を付けない

相続放棄を検討中なら、安易に遺品に手を出さないこと。
処分や解約の行為は「相続の意思表示」とみなされ、放棄できなくなる恐れがあります。

2:孤独死の場合は特殊清掃を優先

発見が遅れた孤独死現場は、腐敗による感染リスクがあります。
プロによる特殊清掃を済ませてから、遺品整理に取り掛かりましょう。

3:賃貸物件なら契約内容の確認を

定められた退去期限までに、遺品の搬出と原状回復を完了する必要があります。
期日を逃すと、家賃の支払いが継続してしまうため要注意。

4:親族間の合意形成が重要

価値観の違いから、遺品の扱いをめぐって相続人同士の意見が対立することも。
事前に十分な話し合いを行い、合意を得ておくことが肝心です。

5:故人の遺志を汲み取る

生前の言動から、故人の望みを推し量ることも大切。
仏壇や位牌、アルバムの保管先など、故人の思いに沿った扱いを心掛けたいものです。

□まとめ

遺品整理は、故人を偲び、遺族の心の整理をつける大切なプロセスです。
四十九日後、諸手続き完了後、葬儀直後、相続税申告前など、それぞれの事情に応じたタイミングを見計らいましょう。

また事前の準備として、相続放棄の意思確認、特殊清掃の優先、賃貸物件の契約確認、親族間の合意形成、故人の遺志の尊重が肝要です。
故人への想いを胸に、遺品整理に臨むことが何より大切なのです。

ただし、遺品整理には心理的・肉体的な負担が伴うのも事実です。
もし、自分たちだけで片付けるのが難しいと感じた場合には、ぜひ当社までご依頼ください。
お客さまの心の負担が少しでも軽くなるように、全力でサポートいたします。

毎日8時~20時まで、年中無休でお電話受付中!
0120-444-530

サイトナビ

会社 /