福岡県の片付けはリサイクルのアシスト

片付けのアシストアシストのブログ

福岡県全域 受付8時~20時 年中無休!
0120-444-530
福岡・北九州の便利屋はアシスト

遺品整理にかかる日数は?適切なタイミングで始めるための方法

2024年7月2日公開 2024.05.27更新 [ブログ]

失った家族の遺品を整理する責任感の強い人々は、遺品整理の期間を理解し、効率的に整理を進めたいと考えています。
そこで、この記事では遺品整理の期間の目安と作業を効率化する方法について解説します。

□遺品整理に必要な日数はどれくらい?

遺品整理に要する期間は、遺品の量や作業人数、故人の家との距離などの条件により大きく異なります。
ワンルームの場合は1週間程度で完了することもありますが、一軒家の場合は2週間以上かかることもあり、条件によっては1年以上を要する場合もあるのです。

遺品整理を円滑に進めるためのポイントは以下の3つです。

1:計画的に進める

遺品整理には、故人の持ち物の整理だけでなく、相続に関する書類の作成や保険・税金など提出期限が設けられている手続きも含まれます。
これらを効率的に進めるには、相続人全員で作業日時を決めるなど、入念な計画を立てることが重要です。

2:期限のある手続きから着手する

まずは期限が設定されている手続きから取り掛かり、その後に遺品の整理や処分を計画的に進めましょう。
人手が多いほど作業時間が短縮でき、相続トラブルも未然に防げます。

3:専門会社に依頼することを検討する

人手不足や遺品の量が多い場合、作業が思うように進まないことがあります。
そのような場合は、遺品整理の専門会社に相談・依頼することも賢明な判断です。
一定の期間で遺品整理を終えることで、精神的な負担も軽減できるでしょう。

当社は、すべてのお客さまにご満足いただけるよう、丁寧かつスピーディな仕事を目指しています。
スタッフマナーにも最大限の注意を払っていますので、ぜひ安心してお任せください。

□遺品整理を開始するベストなタイミング

遺品整理を始める最適なタイミングは、遺族の気持ちの整理がついた時期や、家族が集まれる日を選ぶことが重要です。
特に、49日や葬儀後、諸手続き終了後は遺品整理に適しています。

遺品整理を開始する上で、以下の点に留意しましょう。

1:遺族の心の準備が整ったタイミングを選ぶ

遺品整理は故人との思い出に向き合う作業でもあるため、遺族の心の準備が整ったタイミングを選ぶことが大切です。
無理に始める必要はありません。

2:家族が集まれる日を選ぶ

遺品整理は家族全員で取り組むことで、作業の効率化とともに、相続トラブルの防止にもつながります。
家族がまとまって集まれる日を選びましょう。

3:まとまった時間が取れる日を選ぶ

遺品整理には一定の時間が必要です。
仕事の合間に少しずつ進めるのではなく、まとまった時間が取れる日を選ぶことが重要です。

遺品整理を始める具体的なタイミングとしては、49日後や葬儀後、諸手続き終了後が多いようです。
ただし、あくまでも目安であり、遺族の心の準備が整ったタイミングを優先することが大切です。

□まとめ

遺品整理の期間は、遺品の量や作業人数、故人の家との距離などの条件により異なり、ワンルームで1週間、一軒家で2週間以上かかることもあります。
円滑に進めるには、計画的に進めること、期限のある手続きから着手すること、必要に応じて専門会社に依頼することが重要です。

また、遺品整理を開始するベストなタイミングは、遺族の気持ちの整理がついた時期や、家族が集まれる日を選ぶことです。
49日や葬儀後、諸手続き終了後が適しているとされますが、あくまでも遺族の心の準備が整ったタイミングを優先しましょう。

毎日8時~20時まで、年中無休でお電話受付中!
0120-444-530

サイトナビ

会社 /